よくある質問|maleeay ~まりえ~にいただくお客様の疑問や不安にお答えします

  • HOME
  • よくある質問|maleeay ~まりえ~にいただくお客様の疑問や不安にお答えします

整体と接骨院・整骨院の違いは何ですか?

大きくは保険がきくかどうかの違いです。
痛みや症状があり治療できる部位がある場合は、保険がきくので接骨院をおすすめします。
整体は、医療ではなく美容になります。マッサージができるのはあんま鍼灸師のみです。

整体とカイロプラクティックの違いは何ですか?

カイロプラクティックはアメリカの資格です。
ですので、日本では少し曖昧なところがあります。その点を理解したうえで、自分の状況に合った施術を選びましょう。

整体の後は、安静にし水分補給をしっかりと言われてますがどうしてですか?

筋肉としては、60分運動した感覚なのでそういわれるところもございます。
当サロンでは、施術後も普段通りの生活で問題ありません。

どれくらい通えば良いですか?

お客様が痛みの改善を求める場合、初回ご来店から何日くらいで痛みがでたかをお聞きして、
3~5日後くらいで次回ご来店をご案内いたします。

痩せますか?

エクササイズを続けることによって、筋肉がつき基礎代謝があがり痩せやすくなります。
(筋肉のもとはたんぱく質なのでたくさん摂取してください。)
※もともと、運動していた方にはエクササイズの運動量では、なかなか基礎代謝が上がりにくくなっています。

自分の骨盤が開いているかわからない。開いている場合、治りますか?

骨盤が開いているかわからない方には、お話を聞いてその場でお答えいたします。
産後は、関節が緩んでいる状態ですが、産後3~4ヶ月くらいで自然に本来の状況に戻るので改善へのサポートいたします。

尿漏れは治りますか?

腹圧性尿失禁といって、骨盤底筋が緩んでいるためにおこる産後の尿漏れは、エクササイズをすることで落ち着いてきます。
産後7ヶ月ほど経っても落ち着いていかない場合は、腹圧性尿失禁ではない可能性もあるため病院への受診をおすすめします。

妊娠中に整体を受けても大丈夫ですか?

基本的には問題ありません。
ご心配の方は、ご主人にほぐし方を伝える方法もあるのでご案内いたします。

妊娠期のお尻の痛みは治りますか?

腹筋を鍛えていくと痛みが和らぎます。
もともと、ゆるい方・反り腰の方は時に痛みが出やすいので、姿勢に気を付けていただくと少しずつ改善されていきます。
産後3~4ヶ月くらいは、痛みがあっても普通のことなので日が経ってくると和らいでいきます。

逆子は治りますか?

施術をして治ることはありません。
逆子体操がありますのでご案内いたします。妊娠8ヶ月頃は7割くらいの回旋率がありますが、9ヶ月くらいになると難しいかもしれません。

安産になりますか?

お尻周りの筋肉をほぐしたり、股関節を柔らかくすることによって楽になることはございます。

妊娠で16W未満ですが、どうしても施術を受けたいのです。どうしたら良いですか?

16W未満の方はご遠慮させていただいております。
保険などで16W未満は保証されてませんが、病院からの委託で医師のもとの施術ならお受けいたします。

自然分娩で産後1ヶ月未満ですが、施術を受けたいのです。どうしたら良いですか?

しっかり体を休めてほしい時期なのでゆっくり休んでください。
産後1ヶ月後のご来店をお待ちしております。

帝王切開で産後2ヶ月未満ですが、施術を受けたいのです。どうしたら良いですか?

産後1ヶ月半~2ヶ月くらいで、医師の確認をもらっており、傷口が痛くなければお受けいたします。

妊婦中の腰痛はどうしてなるんですか?

初産婦の方は、動かなさすぎて筋肉が凝り固まっている状態で、
経産婦の方は、動きすぎてオーバーワークになっている状態だからです。

妊婦中の股関節痛はどうしてなるんですか?

妊婦中は、ホルモンの影響により関節が緩んだ状態になっています。
さらに、妊娠後期になってくると赤ちゃんの重さや増加した体重により靭帯で支えるには不安定になるほど負荷がかかっています。
それをサポートしようと、殿筋が休む暇なく働き続けることにより、疲労がたまり痛みとなって出てきてしまいます。

初産婦の方では、内股の方・ヒールを良く履いていた方などにみられます。
これは骨盤前傾により股関節が内転し、お尻の筋肉が常に伸ばされ、発達していないので痛みが出てきます。
経産婦の方は、1人目の出産後にケアせず産後そのままの状態で次の妊娠をしてしまったために殿筋が伸ばされ痛みが出ます。

産後の下半身太りはどうしてなるんですか?

骨盤前傾によって股関節が内転し、太ももの外側と前側の筋肉が張り、内ももと裏側は使っていない状態になるため下半身太りになります。
使う筋肉によって足のラインは変わり、姿勢が良いと骨と骨で立つことができるので無駄な筋肉はつかずスラっとした体形を維持できます。

腱鞘炎はどうしてなるんですか?

骨の位置がずれた状態で抱っこし、腕に負担がかかり、腱鞘炎の原因になっています。
搾乳していた方にも多いです。

産後の膝痛はどうしてなるんですか?

ベビーベットではなく床に布団を敷いて赤ちゃんのお世話をしている方が多く、抱っこする際にどちらかの膝に負担がかかり、膝痛の原因になっています。
体重1キロで膝に3キロの負担がかかっています。

産後の尾骨痛はどうしてなるんですか?

出産で折れている方もいます。
尾骨が当たって痛い方は、痩せすぎていたり、骨盤前傾により尾骨が出てきているのが原因です。
エクササイズで原因を改善に導きます。

ヘルニアのメカニズムはなんですか?

猫背になることで骨が出て、神経圧迫し痛みがでてきます。
エクササイズで予防はできますが、直すことは難しいので普段から良い姿勢を保つことを意識してもらうことが大事です。
出産・産後に悪化する恐れがあり、妊娠中はヘルニアからくる痛みは軽減されるのでヘルニアもちで妊娠中に腰の痛みのある場合は疲労が原因の痛みが多いです。

すべり症のメカニズムはなんですか?

前傾(反り腰)することで悪化しやすく、後傾(猫背)だと悪化しにくいです。
妊娠中は、おなかの赤ちゃんによりストップがかかるので悪化しにくいですが、出産時にはいきむことで悪化しやすくなり、産後は抱っこの姿勢で反り腰になることで悪化しやすくなります。

股関節脱臼をした方へのアドバイスはありますか?

カルシウムをたくさん摂り、日光浴(ビタミンDが作られる)をおすすめします。
さらに、重たいものを持つことと、ジャンプ競技はあまりおすすめしません。

ご予約・お問い合わせ

ご予約・お問い合わせは「お電話」または
「ネット予約」から承っています。

         

電話番号089-916-5060